エッセイ 読み物百選
なの花日記バックナンバー エッセイ

エッセイ

詩「青い地球」


「黒いスモッグが都会の上空に浮かんでいます。

もう、美しい、青い地球ではありません。」

最近、宇宙を飛んだ飛行士の報告。

かつては恐竜が住み、氷におおわれていた地球。

さまざまな動物や植物が現れ、豊かだった自然。

その歴史は30億年とも、40億年とも。

工業化が進んだ20世紀は大量消費の産業社会。

開発につぐ開発。

急速に破壊されて行く目然。

地球環境は危機的な状況に

わずか100年足らずの間に 追い込まれました。

熱帯林にうなるチェンソー。

メリメリと音をたてて倒れる大木。

けたたましく鳴き、飛び立つ小鳥たちの 住処を失った悲しみの悲鳴。

こうして多くの動物や植物が 地球上から姿を消して行きました。

「森は私たちの家、文化、生活です。」

すべての生物たちに代わって 自然と共に生きてきた、先住民の叫び。

文明の名のもとに 空気を、水を、土を汚した有害な化学物質。

女性たちは、毎日の身近な生活のなかで 危ないと感じているのです。

経済中心の価値観から

環境や生活を大事にする価値観に切り替えようと

世界の女性たちは動いています。

あなたが、わたしが 今日、今から できることから、何かをしましょう。

次の世代に残すために。

「美しく、青い地球を。」

                         

(初出/ 1994年)

エッセイ一覧に戻る