エッセイ 読み物百選
なの花日記バックナンバー エッセイ

エッセイ

ゴア氏との出会い


「堂本さん、彼はいつか必ず大統領になるわ」と言ったのは、92年の夏まで私の事務所にいたアメリカ人スタッフのジャネット・ヒルズでした。 同年 2月、私とともにワシントンへ行き、アル(アルバート)・ゴアの身近で仕事をしていたときのことです。

ゴアの名前は彼女も知っていたでしょうが、このときが初対面でした。ゴアはこのように人を魅きつける人なのです。 私がゴアに初めて会ったのは、90年の2月、ワシントンDCでGLOBE(地球環境国際議員連盟)の総会が開かれたときでした。

GL0BEは米欧日の有志議員でつくる国際組織で、ゴアが総裁、日本の会長は自民党の原文兵衛参院議員が務めています。 たまたま広中和歌子参院議員(公明党・国民会議)から「欧米の議員と親しくなるのにいい、小さな議連があるのよ。一緒に行かない?」 と誘われた私は、事務所に当時いたアン・レスターに相談しました。

米上院のスタッフもしたことがある彼女は名簿を見ると、「ゴアは絶対友人になっておいたほうがいい人だし、他にも有望な人たちが入っている。行った方がいいわ」 と勧めます。「言葉も分からないし」とまだ尻込みしていると「じやあ付いて行ってあげる」と言うので、彼女と一緒にワシントンに乗り込んだのでした。

そのときの会場は米上院の科学技術委員会室。 私は新米で、環境問題もそれほど勉強していませんでしたから、ゴアをはじめとする各国の環境通の議員の話に目を白黒させていました。 なかでもゴアは、たんに環境間題をよく知り、多くの論文や著書があるというだけでなく、行動する人なのです。

会議後に招かれた米議員宅でカクテルを飲みながら、彼はオゾン層破壊の実態を知るために南極に行ってきた話をし、 「アメリカが CO2規制の期限を切らないのはおかしい」と、滔々と語りました。会議の直前にはケニアにも行ってきたそうです。

このように自分の目で事実を確かめ、論理を構築しながら、国内・国際政策を打ち出していく。すごい人がいるなあというのが第一印象で、そのときはあいさつを交わす程度しかできませんでした。海を越えた議会人の協力のなかでそれが急速に親しくなったのは、翌91年7月に、東京でGLOBE総会が開かれたときです。

これに先立って私は、GL0BEの中に温暖化、有害廃棄物、森林など七つの作業グループがあるうちの「生物多様性保護条約」をフォローするグループに入っていました。 それで、日本で初めて開かれる総会の会場確保のために国会とかけあったり、京都観光の準備をしたりするかたわら、生物多様性保護の行動計画をつくるなどの作業を進め、 米欧の議員とも頻繋にファックスで情報交換をしていました。

そんなある日、ゴアの事務所から、パプアニューギニアの森林伐採の現状が非常に深刻なので、 GLOBEで取り上げたい。アメリカでは上下両院で決議を準備しているしEC議会もやろうとしているので、日本でも同時に取り組まないか--と言ってきました。実は、その問題を持ち込んだのは日本人でパプアニューギニア在住の清水さんでした。

彼女は、オーストラリア人のバーネットという人が書いた森林伐採についてのレポートを手に入れ、希少種の鳥や動物がいる熱帯林を伐採から守ろうと訴えていたのです。 だから私は、ゴアから言われる2~3か月前から準備していたので、すぐ一緒にやりましょうということになりました。

ゴアは早速、バーネットさんをアメリカに呼んで公聴会を開きました。 日本にもバーネットさんが来るというので、それなら外務委員会に証人として出ていただこうとしたが、日本の国会は不思議なところで、 これだけ国際化しているのに、外国人を証人にした例はないという。

それで仕方なく、質問するとき傍聴席にいてもらうことにしました。 当日は、私が委員会室に向かう直前にゴア事務所から「こういう決議案を出した」とファックスが入るという状況で、 日米欧の議会でぽぼ同時に同じテーマを取り上げたわけです。

私は質問で、日本企業の不正な伐採を規制すべきではないかとただしました。 とくに価格移転と言って、現地では非常に低い値段で買い、香港あたりで価格を上げてしまう操作をやめさせない限り、パプアニューギニアは丸裸になってしまう。 市場の論埋だけではなくて、地球環境の保全とのバランスを考えなくてはいけない、ということをテーマにしたのです。

後にゴアが書いた「地球の掟」(後述)を読んだら、ゴアはまさに同じ理念を展開していました。 GNPがオールマイティではない、もっと環境のコストを計算に入れない限り地球はだめになってしまうと。 当時はそういうゴアの考えをよく知っていたわけではありませんが、私も、自由競争でコストが安いからと、どんどん切る。 しかもそういう企業に ODAの融資が供与されている。

そのような形で伐採が進むことをなんとか止めなければいけない--と主張したのです。 また私は、届いたばかりのアメリカ上院の決議を一言残らず読み上げました。 ですから、アメリカ議会とEC議会でほぼ同様の決議がなされ、日本の国会では議事録に残ったわけです。

そして7月のGLOBE総会になりました。私がホテルでゴアにあいさつすると、彼は「おお、アキコ」と、すごく親近感を示してくれて、 ワシントンで会ったときとずいぶん運う。何が起きたかと思うほどでした。実は私のスタッフが私の質問の議事録を英語に訳し、アメリカとヨーロッパに送っていた。 それをゴアのスタッフが親切にも、訪日する際の資料の中に入れておいてくれた。それを彼が飛行機の中で読んでくれていたのです。

彼は「アキコ、あなたの質問の議事録を食い入るように読んだ。どんなに外務省の役人たちがとまどったか、表情が目に浮かぶようだった」と言う。 ああそうか、やはり議会でいつもディベート(討論)している同業者だなと、そのときすごく思いました。

ゴアはたいへん言葉の豊かな人で、難しい英語で話すんです。私の英語力では、なかなか彼と議論するまでにはいかなかった。 だから彼は議事録の翻訳を読んで初めて、私がどんなことを考えているかを知ってくれたのです。

(初出/ 1993年、一部抜粋)

エッセイ一覧に戻る